たれながし.info

派遣で働くITエンジニアの備忘録

Ubuntu 20.04 LTSでWineを使ってみる

WindowsアプリをLinux上で動かす仕組み「Wine」を使ってみたのでメモします。

はじめに

WineのWindowsのヘッダファイルには、マイクロソフトが公開していない情報が書いてあったりするらしいです(多分、色々なプログラムを解析して分かった非公式情報が書いてある)。
ということで、Wineに詳しくなればWindowsにも詳しくなれるんじゃないかと思って「Wine」を使ってみたのでメモします。

検証環境

  • OS: Ubuntu 20.04 LTS
  • Wine: 6.0.0~focal-1

Wineのインストールと設定

インストール

リポジトリを追加してインストールします。
公式のインストール手順はこちら → https://wiki.winehq.org/Ubuntu

・32bitアーキテクチャを有効にする
sudo dpkg --add-architecture i386 

・リポジトリのキーを追加する
wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key
sudo apt-key add winehq.key

・リポジトリの追加
# Ubuntu 20.10の場合
sudo add-apt-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ groovy main'

# Ubuntu 20.04の場合
sudo add-apt-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ focal main'

# Ubuntu 20.04の場合
sudo add-apt-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ bionic main'

・パッケージのインストール
sudo apt update
sudo apt install --install-recommends winehq-stable

パッケージのインストール中に「libc6-i386」に関するエラーが出ましたが、このまま進めてみます。

sudo apt install --install-recommends winehq-stable
...
E: 'libc6:i386' を設定できませんでした。
E: 'libgcc-s1:i386' の即時設定は動作しません。詳細については man 5 apt.conf の APT::Immediate-Configure の項を参照してください。(2)

初期設定

GUIで下記コマンドを実行する。

winecfg

「Wine Mono」「Wine Gecko」のインストールを即されるのでインストールする。
インストールが完了すると設定画面が開くのでWindowsバージョンを「Windows 10」に設定する。

f:id:tarenagashi_info:20210213171145p:plain

デフォルトだと「/home/<ユーザー名>/.wine」にCドライブができます。

ls -l ~/.wine
合計 2840
drwxrwxr-x 2 test test    4096  2月 13 17:06 dosdevices
drwxrwxr-x 7 test test    4096  2月 13 17:06 drive_c
-rw-rw-r-- 1 test test 2835844  2月 13 17:07 system.reg
-rw-rw-r-- 1 test test   56978  2月 13 17:07 user.reg
-rw-rw-r-- 1 test test    3228  2月 13 17:05 userdef.reg

Winetricksのインストールと設定

Winetricksを使うとWineの初期状態では不足しているDLLやフォントを簡単にインストールできるらしいです。
Winetricksの説明はこちら → https://wiki.winehq.org/Winetricks

Winetricksのダウンロード

wget https://raw.githubusercontent.com/Winetricks/winetricks/master/src/winetricks
chmod +x winetricks

DLL一覧の確認とインストール

./winetricks dlls list
./winetricks [dll名]

フォント一覧の確認とインストール

./winetricks fonts list
./winetricks [フォント名]

Windowsアプリのインストールと実行

7-zipをインストールして起動してみます。

64bit版の7-zipをダウンロードしてインストーラを起動する

wget https://www.7-zip.org/a/7z2100-x64.exe
wine 7z2100-x64.exe

インストーラが起動するのでインストールする
f:id:tarenagashi_info:20210213180903p:plain

7-zipのファイルマネージャーを起動する

cd ~/.wine/drive_c/Program Files/7-Zip
wine 7zFM.exe

f:id:tarenagashi_info:20210213180924p:plain

Tips

動作報告ページ

公式サイトにAppDBというページがあり、アプリの動作報告が投稿されています。
https://appdb.winehq.org/

メニューの「Browse Apps」をクリックすると検索ページに飛びます。
f:id:tarenagashi_info:20210214024610p:plain

インストール場所、アーキテクチャを指定する環境変数

デフォルトではCドライブは「~/.wine/drive_c」、アーキテクチャは「64bit」になります。
変更したい場合は環境変数で指定します。

環境変数 用途
WINEPREFIX インストール場所の指定
WINEARCH アーキテクチャ

公式ページのFAQに説明があります。 → https://wiki.winehq.org/FAQ#Wineprefixes

「~/.7-zip」配下に32bit環境のWineを準備して32bit版7-zipをインストールする場合

WINEPREFIX=~/.7-zip WINEARCH=win32 winecfg
WINEPREFIX=~/.7-zip wine 7z2100.exec
cd ~/.7-zip/drive_c/Program Files/7-Zip
wine 7zFM.exe
  • winecfgで32bit環境を作成したら、その後は「WINEARCH」での指定は不要
  • インストール時はどの環境にインストールするか「WINEPREFIX」で指定する