たれながし.info

とあるITエンジニアの備忘録

仮想環境でWindows XPを動かす

Windows XP環境を使いたいなーと思ってググったら、「XP Mode」からWindows XPの仮想ディスクを取り出して仮想環境で動かす方法が見つかったので実施してみます。

既に「XP Mode」の公開は終了したみたいです。「XP Mode」はWindows10にインストールできません。


仮想マシンの構築

1. Windows XP Modeのダウンロード

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=8002

上記の公式サイトに接続すると404となります。「XP Mode」の公開は終了しているみたいです。(しかし、Internet Archiveには残っているらしい。)
 ↓
ttps://web.archive.org/web/20200111124602/http://download.microsoft.com/download/A/2/F/A2F07A26-83C8-41FD-BD1C-76E4ECB4839F/WindowsXPMode_ja-jp.exe

インストーラのファイル名、ハッシュ値は下記です。

名前 WindowsXPMode_ja-jp.exe
サイズ 631040784 バイト (601 MiB)
SHA1 CB70F01EAC34A4039C77E728F7D9AC1D99F6D6A9
SHA256 9983F09FDBF3197A69CA9530849A120E47ADE9C50C29FCF2E09236938BEF16F3

2. インストーラの解凍

インストーラを解凍する

3. 仮想HDDの取り出し

sourcesフォルダがあるので、バッチファイルを作成し実行する。


msiexec.exe /a xpminstl32.msi targetdir=%~dp0xpmode
※「%~dp」はカレントディレクトリ

「xpmode\Program Files\Windows XP Mode」に仮想ディスクができます。

4. 「読み取り専用」の解除

「読み取り専用」となっているので、解除します。

5. 仮想マシンの作成

仮想ディスクを参照する形で仮想マシンを作成します。

ライセンス認証について
この方法で作成したWindowsXPのライセンス期限は30日となっています。
BIOS書き換えで認証済みとなるようですが、有効なライセンスを持ってない場合は問題な気がします。

ハマリポイント

VirtualBoxでGuest Addinのインストールが上手くいかない場合

古いバージョン(5.1.0とか)だとうまくいくかもしれません。
下記からISOをダウンロードし、仮想マシンのCDドライブにマウントして使います。
http://download.virtualbox.org/virtualbox/

VirtualBoxでのリモートデスクトップの設定

1. 仮想マシンの設定を開く
2. ディスプレイ > リモートディスプレイからサーバーを有効化する
 ※ポートはホストOSで使用していないポートを指定します(例:3390)
3. リモートデスクトップで接続する
 ※ホストOSから接続する場合は「localhost:3390」になります。